会社概要

沿革

昭和29年10月 代表取締役 溝口 好が尼崎市西松島町で福栄肥料株式会社を設立。
有機入り配合肥料の生産を開始する。
昭和32年7月 有機化成肥料「進化」を生産開始。
昭和33年5月 有機化成肥料「オールマイティ」(製法特許取得)を製造、全国販売を開始。
昭和45年9月 窒燐加肥料工業株式会社を買収、同社工場を高砂工場とする。
有機配合肥料の製造を開始する。
昭和45年10月 セイブサンエー肥料株式会社を設立。
昭和48年3月 石巻工場建設に着工。
昭和49年1月 本社を現所在地へ移転。
昭和49年3月 尼崎工場を都市開発事業法に基づき閉鎖。
昭和49年11月 石巻工場完成。
昭和52年4月 資本金を98百万円に増資。
昭和57年1月 高砂市処理場用地買収条例に基づき化成肥料製造設備一式(土地・建物・設備)を売却。高砂工場の有機化成肥料の製造を中止。
昭和61年7月 植物生理活性剤「M.P.B.」を開発。
平成2年9月 代表取締役社長 溝口 勝弘 着任。
平成7年7月 東京支店開設。
平成9年7月 高砂工場再構築(呼称:高砂流通加工センター)。
平成10年8月 飼料部新設。
平成10年12月 飼料用大豆焙煎工場新設。
平成12年12月 高濃度有機「MAM」分解製造設備完成。
平成14年1月 納豆入り混合飼料「ルーメラン」製造、全国販売を開始。
平成14年2月 福栄新商品開発研究所開設。
平成14年3月 資本金118百万円へ増資。
平成17年6月 新素材開発部新設。
平成17年7月 合弁会社 住化福栄アグロ株式会社設立。
平成17年11月 石巻工場において、アミノ酸入り有機化成とコーティング肥料をブレンドした、省力・高機能被覆肥料入り配合肥料の生産開始。
平成22年1月 石巻工場において、次世代型蓄熱脱臭設備完成。
平成25年10月 土壌分析の計量証明事業認可取得。
平成28年10月 代表取締役会長 溝口 勝弘 着任。
代表取締役社長 溝口 達也 着任。